管楽器を中心とした室内楽合奏団「アンサンブル・アイリス」のホームページへようこそ!

次回の演奏会は、2016年3月に開催予定です。

第15回定期演奏会

2018年2月25日(日) 14:00開演 求道会館
入場無料

モーツァルト セレナーデ第10番『グラン・パルティータ』 ほか

アンサンブル・アイリスとは?

アンサンブル・アイリスは2004年、モーツァルトの『グラン・パルティータ』を演奏するために早稲田フィルハーモニー管絃楽団のOB、OGを中心に結成された室内楽合奏団です。

翌年より常設化され、これまでブラームス『ハイドンの主題による変奏曲』(管楽九重奏版)、ドヴォルザーク『管楽セレナーデ』、ベートーヴェン『管楽八重奏曲』、ベルナール『ディヴェルスマン』、R.シュトラウス『13管楽器のためのセレナーデ』など、古今東西の管楽合奏の名曲を演奏してまいりました。

また、管楽合奏以外の出し物として、ベートーヴェン『七重奏曲』、モーツァルト『クラリネット五重奏曲』、金管合奏、コントラバス協奏曲など、バラエティに富んだ演目も演奏されています。

空気の澄んだ冬の季節、暖かい音色を奏でる管楽器の音色を聴きに、ぜひぜひコンサートホールに足をお運びくださいませ。団員一同、心よりお待ちしております。